HOME奥歯をキレイにしたい方

奥歯をキレイにしたい方BACK

銀歯のデメリットを、セラミックのメリットに交換しませんか?

銀歯のデメリットを、セラミックのメリットに交換しませんか?

保険診療で奥歯の虫歯治療は、まず銀歯(銀合金)による治療となります。
しかし、笑ったり会話したりする際に口元を見るため「銀歯が見えてしまう」ことを気にされる方が多くいらっしゃいます。

また、銀歯には金属アレルギーのリスクがあり、長く原因不明だった体調不良も実は銀歯が原因だったということもあります。

これらの問題は、自然な歯にきわめて近い白さと明るさ、そして強度を併せ持つセラミック素材のものに取り替えることで解決できます。

ファイバーポストで土台から白く

ファイバーポスト

ファイバーポストはグラスファイバーと強化プラスチックでつくられ、歯が破折するのを防いで歯に強度と粘りを与える土台です。

保険診療では、この土台を銀合金でつくるのですが、金属成分が漏れ出して歯ぐきまで黒ずませてしまったり、歯を割れやすくしてしまう欠点があります。
それらを解決するのがファイバーポストで、奥歯のセラミック治療では特におすすめの材料です。

ファイバーポストを使ったオールセラミックの場合、金属を使わないため、影ができたり、明るさが欠けることはありません。非常に審美性に優れた治療法です。

失われた歯もセラミックで解決できます

虫歯や歯周病などで歯を失ってしまうと、それがたとえ1本だけでもお口の中全体への大きな悪影響があります。

これを「欠損歯」と呼びますが、食事がしにくくなるだけでなく、1本失うことでかみ合わせがズレたり、滑舌が悪くなったりします。

欠損歯は放置せず、必ず治療するのが生涯のよりよい生活には不可欠です。

セラミックの欠点をカバーするジルコニアクラウン

セラミックの欠点をカバーするジルコニアクラウン

ジルコニアは人工ダイヤモンドとされるほどの硬さと透明感を持つ素材で、歯科用ジルコニアはさらに白く、柔軟性も併せ持つよう改良されたものです。

セラミックは、歯の詰め物・被せ物としては最善の材料です。

しかし、セラミックは耐衝撃性が比較的低いため、強く噛みしめることの多い奥歯では割れてしまうことがあり、また硬度が高いためにほかの歯を傷付けてしまうという欠点がありました。

そこで出てきたのが金属(メタル)をセラミックで覆ったメタルボンドですが、現在は金属をジルコニアに代えることで金属アレルギーのリスクがなくした、「ジルコニアオールセラミッククラウン」が奥歯に最適のセラミック治療として注目されています。

ジルコニアのメリット・デメリット

メリット

硬度・強度ともに高い

通常のセラミックより硬いので、割れ・欠ける可能性が大きく減少しました。

また強度も高いので、ブリッジやインプラントの土台として「強い力でも折れないセラミック」が実現しました。

長期間安定して劣化がない

口の中は温度の高低、酸性・アルカリ性の変化など複雑な環境ですが、長期間安定して変色などの劣化を起こしません。

軽いから口腔内のバランスを崩さない

これまでの金属を使った治療では、その重さによってお口の中のバランスが崩れることがありました。
しかしジルコニアは軽量(金属の3分の1)のためバランスを崩さずに治療を進められます。

デメリット

セラミックに比べて透明感が低い

通常のセラミックに比べて透明感にはやや劣ります。そのため、前歯ではなく奥歯に用いることが最適とされます。

天然の歯より硬い

ジルコニアは自然の歯よりも硬いため、かみ合う歯を傷付けてしまう可能性があります。
そのため、かみ合わせの調整はもちろんのこと、しっかり磨いて滑らかに仕上げる必要があります。

予約

予約

オフィシャルサイト

BLOG